会社概要

ホーム > 会社概要 > 沿革

沿革

初代 松本菊次郎

初代 松本菊次郎

過燐酸石灰かます詰め

ユニバーサルトラクター

ユニバーサルトラクター

日の丸 旧社屋

日の丸 旧社屋

初代 松本菊次郎

2代目 松本菊次郎

1899年 明治32年2月15日、初代松本菊次郎(三重県名張市出身)が札幌市北5条東2丁目に日の丸商店を開業。
大阪硫曹(現サンアグロ)の過燐酸石灰の販売開始。北海道における化学肥料の本格的普及の端緒となる。

1918年 大正7年札幌市北5東1に社屋を新築移転。 以来昭和49年まで56年間当社営業の本拠となる。

1922年 大正11年ドイツ人ザイフェルト氏の紹介でバイエル社の種子消毒剤ウスプルンを輸入。

1926年 大正15年三菱商事燃料部特約店として石油の販売業務を開始。

1929年 昭和4年初代松本菊次郎病没。享年62歳。
篠崎修三(当時35歳)二代目松本菊次郎を襲名、経営を継承。

1935年 昭和10年度量衡、計量器の販売を開始。

1940年 昭和15年日の丸産業社に社名変更。

1947年 昭和22年肥料配給公団法公布。
配給指定登録業者として、肥料取扱を再開。
指定配給業者として、石油取扱を再開。

1949年 昭和24年創業50周年。

1952年 昭和27年石油の統制解除。
三菱石油㈱の特約販売を再開。

1958年 昭和33年第1回日の丸推奨農薬技術研修会を開催。農薬販売登録業者の技術指導に当たる。
札幌ゴルフ倶楽部の設立を機にゴルフ場向け肥料、農薬の販売技術普及活動を開始。

1961年 昭和36年協同飼料(株)特約店として配合飼料の取扱を開始。

真駒内給油所開業真駒内給油所開業

1965年 昭和40年日の丸農薬会を設立。

1966年 昭和41年真駒内給油所開業。

1968年 昭和43年農業技術普及室を開設。

1969年 昭和44年桑園給油所開業。

1971年 昭和46年藻岩橋給油所開業。

1972年 昭和47年旧日の丸農場記念林が「ひのまる公園」となる。

3代目 松本恒一

3代目 松本恒一

現社屋

現社屋

アメリカ視察研修

アメリカ視察研修

100周年シンボルマーク

100周年シンボルマーク

1974年 昭和49年創業75周年記念式典挙行。
2代目松本菊次郎会長となり、松本恒一社長に就任。
大谷地流通センターに社屋を新築、移転。
旧社屋跡地(北5条東1丁目)に日の丸パーキング開設。

1979年 昭和52年北海道クロロゲン会を設立。

1979年 昭和54年日の丸会を設立。

1988年 昭和63年土壌分析室を開設。
不動産管理、開発部門として日の丸興発株式会社(資本金2,000万円)を設立。

1989年 平成元年創業90周年記念式典挙行。

1990年 平成2年滝川営業所を新十津川町より月形町に移転。
空知営業所と名称を変更。

1992年 平成4年飼料部門を分離。
株式会社北海道サンフーズ(資本金3,000万円)を設立。

1998年 平成10年オキサミド部会を設立。

1999年 平成11年平成11年2月15日、創業100周年を迎える 。
創業100周年記念式典挙行。
3代目松本恒一会長へ。4代目社長、遠藤秀夫就任。

2002年 平成14年北空知森林組合に加入。

2004年 平成16年5代目社長、飯田進作就任。

2011年 平成23年農業ソフト開発室を開設。

2012年 平成24年北海道JGAP協議会を設立。

2014年 平成26年芽室町に帯広営業所開設。
空知営業所を月形町より本社内に移転。
道北営業課と名称を変更。

2015年 平成27年北海道直播協議会を設立。

2017年 平成29年6代目社長、千葉哲也就任。