会社概要

ホーム > 会社概要 > 事業内容 > 農薬部門

農薬部門

農薬部門

農薬部門

地区ごとの情報交換会を実施
農薬部門

ローテーション防除の提案
気象や土壌条件などを考え、病害虫や雑草の特徴に合った薬剤の特性をしっかりと把握し、常に農作物への効果・安全性の確認試験を実施しています。

各地の現地試験を行った結果は、効果・効率・安全性・コスト面などの実用性を考え、農家の皆様の圃場や作業体系にマッチした実用の検討を行っています。

地域の問題病害虫・雑草に対して、最も効果の高い剤の選択と適正なローテーション防除等の現地に合致した防除提案を行っています。

防除提案は専門の資格を有したスタッフが提案致します。
(毒物劇物取扱責任者31名、農薬安全コンサルタント27名)

農薬部門

海外の農業事情視察の実施
農薬部門

実際に散布し、効果確認と比較試験
薬剤の特長を良く理解し、安全に使用して頂く為に定期的なセミナーを実施し、最新情報の提供をしています。

地域ごとに農家さんとの情報交換を行い、作物栽培、施肥管理、防除体系などについて懇談を重ね、お役立ちの姿勢を貫いています。

海外の農業視察を3年ごとに実施しています。ヨーロッパ、北米、オセアニア、東南アジアで視察を行い、社員の能力の向上、技術力のアップ並びに情報提供力の強化を図っています。

・日の丸会農薬部会研修会、現地検討会
・日の丸会海外農業研修旅行

もどる