会社概要

ホーム > 会社概要 > 事業内容 > ソフトウェア部門

ソフトウェア部門

システム部門

システム部門

圃場毎・作物毎の収支の把握
システム部門

農場経営の問題点追求
フィールドノートは農家様による企業的経営を支援する営農管理システムです。効率的な農場経営をサポートし、より向上させて頂くためのツールとして日の丸産業社が独自に開発を行っています。
トレーサビリティを守る日誌の記録と、青色申告書の作成まで可能な会計処理を連動する事で、圃場毎の詳細な収支管理を実現しています。圃場別、作業別、作業者別の作業時間を記録する事で、圃場単位、作物単位に労働力投下を把握できます。
IT技術によりインターネット環境があればどこからでも利用可能となっており、入力した情報はデータセンターで安全に守られます。

システム部門

農家の持続経営
システム部門

安心・安全な農産物生産
JGAPは、生産者が活用するこれからの農場・団体管理の国内基準であり、認証制度です。農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つです。
第三者機関の審査により、JGAPが正しく導入されていることが確認された農場は、JGAP認証が与えられます。適切に管理されている農場のため、安全な農産物を提供することができます。
日の丸産業社はJGAP認証農場づくりに励み、北海道農業の発展のお手伝いをしています。
トレーサビリティの守られた安心・安全な農産物をより多く農家様に生産して頂くために、日の丸産業社の社員もJGAP指導員の資格取得を行い、農家様のJGAP認証取得のサポートを行っています。
現在16農場のJGAP取得の御手伝いをし、平成24年2月北海道JGAP協議会設立。会員の農業経営改善や農産物流通の促進に努めております。(JGAP指導員:30名)

もどる