日の丸アグリ通信

ホーム > 日の丸アグリ通信 > 平成27年度 クロロゲン部会現地検討会(北見地区)が開催されました。

2015.07.09  平成27年度 クロロゲン部会現地検討会(北見地区)が開催されました。

平成27年7月7~8日の2日間で、クロロゲン部会現地検討会を北見地区にて開催しました。

今回の現地検討会は、7月のお忙しい中、会員11店21名、賛助会員2社4名の皆様にお越しいただきました。たくさんの皆様のご参加、誠にありがとうございます。

現地検討会では、北見地区の玉ネギ、人参、小麦を中心に視察させて頂き、クロロゲン散布区と慣行区との比較検討を行いました。今年の北見地区は、春先より続く干ばつ、5月末から続いた降雨、低温の影響を受けておりましたが、現地圃場でのクロロゲン区の生育はとても良好な結果となっておりました。

011

松田部会長による開会の挨拶(写真中央)

021

現地視察の様子

現地での生育の様子を、皆様熱心に視察されておりました。

031

美幌町 K農場様 人参比較検討会より

右側がクロロゲン区、左が慣行区。

葉振りが良く、根径も太いのが一目で分かるほどの生育差でした。

041

美幌町 T農場様 直播玉ねぎ比較検討会より

右がクロロゲン区、左が慣行区。初期生育向上を目的に、
散布を続けて頂いた結果、草丈・根量の多さに大きな差が見られました。

051

モイワスポーツワールドにて検討会の様子

06

ご参加頂いた皆様で記念撮影 (^^)

2日目には、各地での生育状況やクロロゲンの使用事例を、質疑応答を交えながら行いました。お忙しい中、2日間に渡る現地検討会となりましたが、無事に終えることができました。ご参加頂きました皆様には、再度御礼申し上げます。