ホーム > 120周年特設ページ

おかげさまで120周年

 当社は1899年に創業し、本年120周年を迎えさせて頂きました。創業精神「企業は社会の公器なり」を守り続けていきます。
 “農業は食文化を守るだけではなく、日本の文化を守る”として熱い情熱を受け継ぎ培ってきた企業風土、誠実さをもって社員一同、より一層農業へのお役立ちのため行動を起こします。
 農業はこれから大きな変化期にあります。AI活用やスマート農業・精密農業・環境重視への転換が進む中、当社は蓄積してきた膨大な情報との融合を図り続けます。新旧の力の融合、チーム力を高めお役に立ちます。
 当社グループ企業は北海道を愛し、農業を愛し、日本の食料を守る強い意志と行動を継続します。

【CONTENTS 1】120周年記念 講演会・懇親会 開催報告

  1. 日時:2019年6月13日(木)
  2. 場所:札幌パークホテル

「日の丸産業社120周年記念 講演会」を開催。お取引様や日の丸OBの方々など約250名にご来場いただきました。講演会終了後は日の丸産業社と日の丸会の共催による懇親会を開き、日頃の感謝の気持ちを伝えました。

120周年記念講演

長所を活かして個性を伸ばせ
〜梨田流『自己の組織の育成法』〜

講師 梨田 昌孝

大阪近鉄バファローズ、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天イーグルスの3球団で指揮官を務め、現在は野球解説者、野球評論家として活躍する梨田昌孝氏を講師に迎え、記念講演会を開催しました。プロ野球選手になるという夢を叶えるために、野球に明け暮れた中学・高校時代の話。新聞配達のアルバイト中にかけられた労いの言葉に心が救われ、言葉一つで誰かを勇気づけることができると知った学生時代のエピソード。弱点を逆手にとって“こんにゃく打法”を編み出した現役時代、選手の長所に合わせた戦略でチームを優勝に導いた監督時代の話などを、ユーモアたっぷりにお話しいただきました。

250名近いお客様をお迎えしました

代表取締役社長・千葉哲也が120周年を迎えられたことへの感謝を述べました。120周年記念ロゴに込めた想いも紹介しました

日産化学株式会社 営業企画部部長の小松英司様よりご祝辞を賜りました

株式会社北洋銀行 取締役本店長の藤池英樹様よりご祝辞を賜りました

代表取締役常務・井上官がご来場いただいた皆様にお礼を述べ、記念講演は終了しました

場所を移し、新緑が美しいガーデンにて懇親会がスタート

日の丸会の会長を務める株式会社辻野商店の辻野浩様よりご挨拶をいただきました

三菱商事株式会社 北海道支社長の藤原義久様の音頭で乾杯しました

和・洋・中、各ジャンルの料理をご用意。ゲストの皆様に楽しいひとときを過ごしていただきました

梨田氏のサインボール・サイン色紙が当たる抽選会を実施。当選者の名前が読み上げられるたび、会場から歓声が上がりました

三井物産株式会社 北海道支社長の能登谷淳様に締めのご挨拶をいただきました

ますますの発展を祈念して三本締めで締めくくりました

全ての内容を見る閉じる

【CONTENTS 2】創業者ストーリー

日の丸産業社の創業者・松本菊次郎は、北海道農業の未来のために数々の試みに挑戦しました。
松本菊次郎の人物像、これまでの業績をご紹介します。(全10話)

第3話

二代目松本菊次郎

二代目松本菊次郎は、幼名篠崎脩三、千葉県長生郡新治村字下太田(現:長生郡本納町下太田)に生まれた。明治27(1984年)10月。父宇吉、母りんの4男1女の3男であった。 県立千葉中学を経て北大予科に学び、進んで農学部畜産学科で畜産製造学を専攻した。大正8年(1919年)卒業後、一時、横浜市茂木合名会社に入って、満洲羊毛の輸入に従事したが、のち、旧師の推薦によ...

続きを見る

今後も日の丸のことがわかる
コンテンツを公開予定です